So-net無料ブログ作成

2018年2月17日-18日 八ヶ岳 ニュウ(2,352m)登頂 [山登り]

2018年2月17日-18日 八ヶ岳 ニュウ(2,352m)登頂

クラブツーリズムの雪山ツアーに参加しました。
ニュウという名前が珍しかったので参加しました。

ニュウは南北にのびる八ヶ岳の中ほどにあります。
中山峠や天狗岳にも近いです。
天狗岳に比較するとあまり馴染みのない山ですので、
ルートの選択や、季節、入山者の数によっては、
踏み跡がなく、雪山では歩くのが大変だったりします。

今回は渋の湯から登山を開始し、高見石小屋の前を通り、
高見石に登り、白駒荘の前を通過し、凍った白駒池の上を歩き、
青苔荘に宿泊しました。

青苔荘からニュウまではあまり踏み跡がなく(先行していた
スノーシューの登山者2名分)、深い雪をアイゼンで
歩くのが大変でした。
雪にはまると、足の付け根まで、足がすっぽりはまってしまいます。

ニュウの頂上直下はちょっとした岩場を登りました。
山頂は360度の展望で、景色がとてもよかったです。
快晴のため、山頂からは、富士山、天狗岳などの八ヶ岳の山々、
北アルプスの峰々(槍ヶ岳も見えました!)などが見えました。
当初はシャクナゲ尾根を下山する予定でしたが、踏み跡が全く
なかったため、中山峠から、しらびそ小屋経由で稲子湯に下山しました。
こちらは、踏み跡がしっかりあり、歩きやすかったです。
しらびそ小屋の前の凍ったみどり池の上も歩きました。

寒い冬ならではの、池の上の歩行を堪能しました!

雪の上に霜柱がたって、きらきらと輝いていました。

雪に上に複数の種類の動物の足跡もみかけました。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

2017年11月の雲取山 [山登り]

2017年11月の雲取山

雲取山は東京都最高峰で100名山でもあります。
雲取山は標高2017mです。
今年は2017年で、雲取山の標高と同じですので、
雲取山の標高年だそうです。
そのため、雲取山荘の「予約が取りにくいんだよね」と、
ストックカンリに参加した山岳会のおじさんが言っていました。

標高年という言い回しは知らなかったけれども、
久しぶりに、雲取山に登ってみようと思い、でかけました。

奥多摩駅からバスにのり、鴨沢で下車。鴨沢から登りました。

天気にも恵まれ、山行と楽しみました。
サル2匹と、キジを一羽見かけました。
サルとキジ、桃太郎?

以前の雲取山の山頂は狭かったですが、今回は広くなっていました。
雲取山の山頂には、2017年標高年の木製の碑(5mくらいある?)と、
巨大な山頂石碑がありました。

登頂後は、雲取山荘に泊まりました。
雲取山荘は、定員200名だそうですが、
10月、11月初旬は予約でいっぱいのようでした。
私は、10月に予約しようと思ったのですが、すでにいっぱいでしたので、
11月に行くことにしました。

混雑していましたが、宿泊の記念に標高年のピンバッチをもらい、
うれしかったです。
今度は、空いているときに、ゆっくり泊まりたいな。

夜は、丸い月が明るかったですが、星もよく見えました。
遠くには、街の光も見え、きれいな夜景でした。

翌朝は、ゆっくり朝食を食べ、山荘の前で日の出を見、
6時20分から下山開始。9時30分ごろ埼玉県側の三峰神社に下山しました。

わらじカツ丼ときび饅頭を食べました。
おいしかったです。わらじカツ丼は、わらじサイズの2枚のカツがごはんに
乗っていて、結構なボリュームです。

11時30分三峰神社発のバスに乗り、西武線秩父駅で下車。
駅隣接の温泉に入りました。昨年8月に掘り当てた温泉だそうです。

帰りは、西武線のレッドアロー号で、快適に池袋に着きました。

nice!(0)  コメント(0) 

10月の高尾山 [山登り]

10月の高尾山

久しぶりに東京都の高尾山に行ってきました。
EikoProさんと一緒です。
京王線高尾山口駅から朝9時ころから登り始め、
稲荷山コースを通り、山頂で少し休憩し、
6号路を通り、リフト乗り場の前を通過し、
天狗で有名な薬王院を通り、
12時ごろ高尾山口につきました。
高尾山口前の温泉に入り(高尾山口駅直結!)、
のんびりしました。
天気にも恵まれよかったです。
nice!(0)  コメント(0) 

2017年8月 ストックカンリ登頂 [山登り]

2017年8月9日から20日のラダックの名峰 ストック・カンリ(6,153m)登頂

3月に根子岳、四阿山を登った時のツアーに参加していた人が、
次に登りたい山は「ストック・カンリ」と言っていたのを聞いて、
初めてその名前を知りました。
ストックカンリって、在庫管理みたいですが。。
調べてみると、私の会社の夏休みに有休を4日追加すると、登れそうということがわかり、
ツアーに参加してみることにしました(今回のツアー会社は○遊旅行)。
私にとって、初めてのインド上陸!!

1日目 東京からデリーに移動。
 この日は東京は台風一過で気温がこの夏一番の暑さとなっていました。
 成田から飛行機でデリーへ。
 デリー着後、ホテルへ車で移動したのですが、道路がかなり渋滞していました。
 8月15日のインドの独立記念日に向けて、警備が強化されているとのことで、検問が実施されていたようでした。
 ホテルは空港近くの近代的なホテルで、快適な時間を過ごしました。

2日目 デリーからレーへ
 早朝、ホテルを出て、飛行機でラダックの中心地レー(3,505m)へ。一気に富士山山頂くらいの高度になります。
 1か月前に富士山で高度順応したので、高山病は大丈夫。
 午前中は宿でのんびりし、午後は観光にでかけました。
 日本山妙法寺のシャンティストューパ(ここでは建立者の中村行明さんがいらして、お話しを聞くこともできました!)、
シャンカール僧院、レー王宮などを観光しました。街中の市場も散策しました。

3日目 カルドゥン・ラ(峠:5,359m)へ
 午前中に高度順応を兼ねて、車でカルドゥン・ラへ。舗装されていた道路が途中からでこぼこ道になり、
道の脇から岩が落ちてきそうな場所を通って、行きました。
 実際、道には、大きな岩が落ちていて、重機が岩をどかしたりしていました。
また、車のタイヤが途中でパンクして(ドライバーさんたちによって手早く修理されました)、
テレビ番組の「なぜこんなところに日本人」の旅のようでした。
 峠では沢山のタルチョ(チベット仏教の旗)がありました。

4日目 レーからストック村を経てモンカルモへ
 レーからストック・カンリの登山口のストック村へは車で移動します。
 登山口のストック村からは、歩きでモンカルモへ移動します。
 私たちの登山隊にはテントや食料などの荷物運搬用に馬が22頭もついてきました!
 夕方、テント泊地のモンカルモにつきました。

5日目
 高度順応を兼ねて、マトゥ・ラ方面へトレッキング。標高4,700m付近まで歩きました。

続きは後日。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

2017年7月8日から9日の富士山 [山登り]

2017年7月8日から9日に富士山に行ってきました。
高度順応トレーニングです。
山小屋の予約と高速バスの予約の関係で、この日にしました。
午後2時からという遅めの登山スタートで、7合目の山小屋に4時過ぎにチェックイン。
夕飯は5時過ぎからで、5時半には食べ終わり、することもないので、爆睡。
翌朝4時ごろから起きだし、朝食を食べ、日の出を待ちつつ、登山開始。
日の出の写真を撮り、吉田口山頂は渋滞もあって、7時半ごろ到着。
下山の列が長かったので、時間つぶしもかねて、剣ヶ峰へ。
時期によっては、雪があって剣ヶ峰登山ができないこともありますが、今年は運よく、剣ヶ峰も登頂しました。
富士山火口のお鉢は、霧もなく、全貌がよく見えていました。
富士宮口山頂を通って、剣ヶ峰を往復し、吉田口山頂に戻ると、下山の列はなくなっていました。
下山専用の道はまだ開通していなかったので、吉田口山頂から、登りの道を往復して下山します。
途中、富士山ホテルのあたりから、下山道が開通し、須走道を下山しました。
11時30分には、富士山スバルライン5合目に到着し、バス停前のレストランで、ほうとうを食べました。おいしかったです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

2017年04月22日~2017年5月13日 アイランドピーク登頂 [山登り]

2017年04月22日~2017年5月13日 アイランドピーク登頂

2017年04月22日~2017年5月13日までネパールに行き、
アイランドピークに登頂しました!!

詳細は後日。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

2017年03月18日(土)~2017年3月19日(日)の美しい樹氷とアルプスの展望 四阿山・根子岳 [山登り]

2017年03月18日(土)~2017年3月19日(日)の美しい樹氷とアルプスの展望 四阿山・根子岳

先週に引き続き、今年2回目の雪山山行です。
今回も旅行会社 クラブ○ーリズムの雪山ツアーでした。
ガイドさん2名、添乗員さん1名、参加者20名弱の大勢なツアーでした。

1日目
菅平のダボススキー場から、スキーのリフトに乗って、
一つ目の駅でおり、そこから歩きます。
雪上車(SNOW CAT)が脇をすいすい通るなか、地道に登ります。
スキー場なので、ずっと登りです。
途中、樹木のあるところでは、樹木に雪がまとわりついた、「モンスター」を楽しめました。
雪上車の終点にやっとたどり着き、山道に入ります。
山道に入って少し歩くと山頂です。
この日は天気がとてもよく、山頂から360度の展望が楽しめました。
浅間山の噴煙もよく見えました。
天気がよく、時間もあったので、ガイドさんの呼びかけで、山頂で、リュックザックをいすに見立てて、
フルーツバスケットをしました。
「根子岳!」というと、全員移動します。
質問内容で、参加者のいろいろなことがわかって楽しかったです。

山頂には、金属板がおいてあり、「猫」と書かれていました。
九州にも「根子岳」はありますが、化け猫が修行をするために集まってくる山だそうです。

今回の「根子岳」は、かつて、猫を捨てに来た場所ということでした。

2日目
宿泊先のあずまや高原ホテルの裏から、四阿山登山口まで歩き、菅平牧場を通って、
四阿山に登ります。
この日は曇りがちで、風がありました。
山頂も展望はよくありませんでした。
天気がよければ、山頂からは迫力の浅間山が望めるそうです。
下山時、風がだんだん強くなり、菅平牧場のあたりでは、横なぐりの雪となりました。
雪が地面と平行に飛んでいるのを初めてみました。
下山後、ホテルで温泉に入り、のんびりしました。
雪見露天風呂です。

新幹線の上田駅から、帰るのですが、時間があったので、駅前のお店で、
女性参加者で、女子会をしました。
日本酒を飲んだりして楽しかったです。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

2017年3月11日(土)~2017年3月12日(日)の東天狗岳(2640m)、西天狗岳(2645m) [山登り]

2017年3月11日(土)~2017年3月12日(日)の東天狗岳(2640m)、西天狗岳(2645m)

今年1回目の雪山山行です。
しかも、雪山は2013年のマッターホルン以来。
雪山はすっかりご無沙汰しておりました。
今回は、雪山の道具の使い方などを復習するために参加しました。

今回も旅行会社 クラブ○ーリズムの雪山ツアーでした。
ガイドさん2名、添乗員さん1名、参加者19名の大勢なツアーでした。

「白銀広がる雪の八ヶ岳の名峰へ」という歌い文句のとおり、
ふたこぶラクダのこぶが並んでいるような美しい山でした。

2013年にも登っていますが、今回も天気にも恵まれ、登頂できました。

1日目

渋の湯→黒百合平→黒百合ヒュッテ(2410m)宿泊

渋の湯から黒百合ヒュッテまでは、樹林帯を行きます。
風もなく穏やかな登りでした。

黒百合ヒュッテに到着後、アイゼン、ピッケルの使い方講習会。
急斜面をアイゼンの使い方を確認しつつ登りました。
下りも注意しつつ、下りました。

夕飯までの間、他の参加者とともに、おしゃべりとお酒を楽しみました。

夕飯はハンバーグ定食といった感じでおいしかったです。
小さなお饅頭もついていました。

夕食後、外に出ると、東に満月、西に沈む赤い夕日が見えました。
月と太陽を同時に楽しめました。

山小屋は満員状態で、一人1枚の布団はありませんでしたが、
掛け布団代わりに、毛布を確保できたのでよかったです。


2日目

黒百合ヒュッテ→中山峠→東天狗岳→西天狗岳→黒百合平→渋の湯

朝ごはんには、のりや生卵がつき、おいしかったです。

東天狗岳山頂手前の岩場からは、東天狗岳と西天狗岳の山々がふたこぶラクダのこぶのように見えました。
東天狗岳から西天狗岳に向かう途中は風もなく、見通しもよく、あっと言うまに西天狗岳に到着。
西天狗岳の山頂には、三角点がありました。

下山も天気がよく、暖かく、ふかふかの雪景色をみながら、
「冬山のいいとこどり」を満喫しました。

天狗岳を登るときは、2012年の吹雪のときを思い出します。
天気が違うと、こうも違うものか。。と。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

2015年12月12日の高尾山 [山登り]

2015年12月12日の高尾山

久しぶりの高尾山です。
12:50から登り始め、13:50高尾山山頂、一丁台へ往復し、14:45高尾山ふもと到着。
登り始めの時間が遅かったため、一丁平までの往復にしました。
天気は安定しており、紅葉と、落葉を楽しみました。
稲荷山コースです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

EikoProさんの新作3本! [山登り]

EikoProさんの新作3本!

EikoProさんの新作を3本ご紹介します!!

1.幻となるかエベレスト
 今年のエベレスト登山の様子です
 https://www.youtube.com/watch?v=zXvHxruWHuE

2.ガウディに魅せられて
 スペイン旅行記です
 https://www.youtube.com/watch?v=f1UdSs5XRJo

3.老若男女の山は楽し
 旭岳からトムラウシ山縦走の記録です
 http://youtu.be/pZJJfd18Mmw
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
メッセージを送る