So-net無料ブログ作成
検索選択

ワタシとまめゴマ日記(ヨネムラマユミ) 主婦と生活社 [書評]

子「あざらしのとっても、かわいいのがいて、大きさが12cmほどでね。家で飼えるんだって」

私「ふーん、飼ってみたいねえ」

『少年アシベ』以来のゴマちゃん好きとしては、気になるものです。

子「飼うのは大変だけど、そんなことが書いてある本があって、欲しいんだけど」

と、いうわけで、早速、今朝、買いに行きました。

その本が、『ワタシとまめゴマ日記(ヨネムラマユミ)』です。

『少年アシベ』に登場するのは、ゴマファあざらしですが、今回登場するのは、成長すると、体長12cmほどで、体重は平均200g、金魚鉢でも飼える手のひらサイズのあざらしです。

本の中では、とっても、かわいらしく紹介されていて、読み進むほどに、飼ってみたいと思うのですが、「旅行に行けなくなる」とだんなは反対しています。

本を読んでいるうちに、先週末、近所のT駅近くのスーパーマーケットUで、ゴマファあざらしの抱き枕を見つけ、欲しいなあと思ったことを思い出し、買いに行きました。こちらは、抱き枕なので、100cmくらいの大きなものです。

この本の中では、まめゴマがとてもかわいらしく実在する動物のように描かれていますが、この動物の存在はフィクションです。でも、本当に実在したら、飼ってみたいです。

このブログ、当初は、本のことについても書くつもりでしたが、開始してようやく、今回、初めて、本のことを書きました。


メッセージを送る