So-net無料ブログ作成

第18回パリ〜ブレスト〜パリ・ランドヌール (PBP)その2 [自転車]

PBPはブルべのルールに従って走行します。

ブルベはフランス語で認定という意味。
指定された距離を、指定のルートに従って、決められたチェックポイント(コントロールポイント)を
指定された時間内に通過して走行することが求められます。
ルールに従って、完走すると、フランスの自転車協会(AUDAX CLUB PARISIEN)から、
ちゃんと走りましたと、認定されます。

(1)SAINT-QUENTIN-EN-YVELINES スタート地点(0km) 8月16日 18:15スタート
   90時間のカテゴリーは、17:15からスタート。
   スタートは15分おきに、200名程度ずつ、スタート。
   スタート前の15分間に主催者側のアナウンスがありました。
   フランス語なので、内容はわかりません。
   気合十分で「頑張ってこい」的なことを言っているのだとは思うけれども、わかりません。
   英語での簡単なアナウンスもありましたが、「眠くなったら、どこでもいいから寝るように」と
   いった内容でした。
   いねむり運転は危険ですからね。

   スタート時間はゴイスさんと合わせていたので一緒にスタート。
   でも、スタート後は、いつものとおり、ゴイスさんとは別れて、自分のペースで走りました。
   同じようなペースの人はいるので、追い抜かれても、また、どこかで会ったりします。
   クロアチア、オーストラリア、中国の人がいました(ジャージに国籍が書いてあると
   わかります)。

   暗いので景色はよくわからないですが、街中を走りました。
   水がなくなってきたので、途中の店で水を買いました。
   余ったのでどうしようかと思ったら、ちょうどゴイスさんがいたので、あげました。

(2)Mortagne-au-Perche (コントロールポイントではないが、食事などができる)
  (140km地点)8/17 01:20ごろ到着
   前回は、外のサンドイッチ屋さんで食べようとしたら、売り切れになっていたので、
   今回は、最初から、食堂に行ってごはんを食べました。
   とりあえず、パスタ系をがっつり食べようと思い、マカロニチーズを食べました。
   食事をしていると、日本人に沢山会い、8人くらい集まっていました。

(3)VILLAINES-LA-JUHEL(コントロール) 220km 8/17 05:28着
(4)FOUGERES(コントロール) 309km 8/17 10:45着
(5)TINTENIAC(コントロール) 363km 8/17 14:39着

   (3)から(5)は、広大な畑や牧場を見ながら走り、しばらくすると町があって、
   丘の上に教会があり、石畳の道を行くと、コントロールがある、と、いった風景です。
   ミレーの「落穂拾い」の絵のような風景です。
   または、北海道のラベンダー畑をもっと地味な色にして、ものすごく広くしたような感じ
   でしょうか?
   それぞれのコントロールで、フランスパンのサンドイッチや、クロワッサンやらなにやら
   食べました。

   前回は、(4)(5)辺りで、激しい雷雨に見舞われ、ずぶぬれになり、フランス人の
   サイクリスト集団と一緒に大きな木の下で雨宿りしました。
   今回は、天気に恵まれ、楽しく走れました。

(6)Quédillac (services only) 389km 8/17 15:30頃着 18:00頃発
   次のコントロールのLOUDEACよりも空いていて、設備もよいという情報だったので、
   食事後、ここで予定どおり、仮眠をとりました。
   予定では3時間仮眠する予定でしたが、食事に並んだりして、結局2時間となりました。
   ここの仮眠所は、体育館にベッドのマットレスを並べてあり、
   綿入りの掛け布団があって、枕元に物をおけるように、イスがあって、結構よかったです。
   仮眠所は、起きたい時間を言うと、きちんと起こしてくれます。とてもありがたいです。
 
(7)LOUDEAC(コントロール) 448km 8/17 21:28着
   ドロップバッグを置いていたのですが、着替えは省略しました。
   バッグに入れていたお気に入りの食べ物をちょっと食べ、出発しました。
   夜間は11度。寒いです。

(8)Saint-Nicolas-du-Pélem (services only) 493km 8/18 1:00頃着
  ここは本来コントロールではなかったのですが、往路では、シークレットコントロールと
  なっていました。
    
(9)CARHAIX-PLOUGUER(コントロール) 526km 8/18 03:22着
   前回は、ここまで仮眠をとらなかったため、朝もやの中、鳥肌をたてながら、
   ブレストまでの高原地帯を走った覚えがあります。
   今回は明るくなってから走ったので、それほど寒くなく、走れました。

   「BREST」の町の標識が出てから、コントロールポイントまでがとても長く感じました。

   BRESTは、フランス第一の軍港があったために、第二次世界大戦で大きな被害を受けたそう
   です。

   BRESTには、巨大なつり橋があります。
   これは、ヨーロッパ最大のルクーヴランス橋で、ペンフェルド川にかかっています。
   前回は、きれいに見えていましたが、今回は、霧の中でした。

(10)BREST(コントロール) 614km 8/18 09:03着
   ここで、約600km地点となり、折り返します。
   今回は、BRESTに到着後、きちんとスタート地点に戻ることが目標です。
   
   予定より2時間遅れで到着。
   その分、仮眠の時間が減り、ここでは、2時間仮眠しました。
   仮眠所は、2人部屋でベットが2台ありました。
   2人部屋のもう一人は男性でしたが、私が部屋に入るのと入れ替えに、
   出発するところでした。
   ここでも時間通りに起こしてもらいました。

   次のコントロールまでは、暖かく、天気がよかったため、道端で沢山のサイクリストが
   気持ちよさそうに、お昼寝していました。

(11)CARHAIX-PLOUGUER(コントロール) 698km 8/18 17:07着
    何を食べたか忘れましたが、食事はしっかりとりました。

(12)Saint-Nicolas-du-Pélem (services only) 734km 8/18 20:00ごろ通過
  ここは往路では、シークレットコントロールとなっていましたが、復路ではコントロールでは
   ありませんでした。
   ここの仮眠所は評判がよかったようで、途中で会った日本人に休んでいかないかといわれまし
   たが、BRESTで仮眠をとったばかりなのと、計画では、Quédillacで仮眠しようと思っていた
   ので、そのまま走りました。

(13)LOUDEAC(コントロール) 780km 8/18 22:22着
    LOUDEACよりも、Quédillacの仮眠所の方が設備がよいとの評判だったので、Quédillacまで
    行きたかったのですが、疲れてきたので、早めに仮眠することにしました。
    予定では、Quédillacで4時間半の休憩時間がとれるはずで、3時間は寝る予定でしたが、
    食事の列、トイレの列に並び、仮眠所の列に並ぶと、どんどん持ち時間が減ってきます。
    結局ここでは、1時間弱の仮眠となりました(1時間未満は割引になりました)。
    仮眠所は体育館にハンモック状の布を張ったベッド?で、使い捨ての不織布の掛け布団
    でした。
    ぺらぺらで軽いその掛け布団はたよりなく、寒いのでは?と思ったのですが、思いがけず、
    暖かかったです。
    布団の中で着替えました。約800kmを走行したジャージは臭かったです。
    23時過ぎから仮眠し、0時まで仮眠しました。
    0時以降は仮眠所がすごく混むとの情報でしたが、本当に、0時には沢山の人が仮眠して
    いました。

(14)Quédillac (services only) 839km 8/19 03:30頃着
    食事をしたかどうか記憶にありませんが、仮眠はせずに出発しました。
    
(15)TINTENIAC(コントロール) 867km 8/19 05:40着
(16)FOUGERES(コントロール) 921km 8/19 10:30着     

(17)VILLAINES-LA-JUHEL(コントロール) 1008km 8/19 16:29着
    夕方から、パリ・ブレスト・パリのおおがかりな式典を何かやっていて、
    コントロールで、大き目のオレンジ色の巾着袋(リュック型)を貰いました。
    「荷物になりそうだな」という私の心の声が聞こえた?せいか、係りの人が小さく折り
    たたんで渡してくれました。これならジャージのポケットにも入りそう。
    有難く受け取りました。前回はボールペンが記念品だったような・・。

    ここのコントロールのおもてなしはすごかったです。
    食事を買って、ちょっと離れた食堂まで運ぶのですが、小学校高学年ぐらいのかわいい
    地元の女の子が食堂まで運んでくれました。食べ物が載った、結構重いお盆を運んで
    くれました。

    ここでは、18時まで仮眠しました。
    夕方だったので、仮眠所はとても空いていて、中学校の教室ぐらいの広さのところに、
    古ぼけた、スポンジのはみ出たベットのマットレスが部屋の真ん中に、
    ごちゃっと、8個くらい集められていて、そのうちの1個の上で寝ました。
    毛布を貸してくれました。
    部屋には、私一人だけでした。

(18)MORTAGNE-AU-PERCHE(コントロール) 1089km 8/19 22:23着
    DREUXに近づいたころ、雨がぽつぽつと降り始めました。

(19)DREUX(コントロール) 1166km 8/19 04:46着
    たぶん、ここのコントロールの食事が一番充実していたように思いました。
    何しろ、生ハムパパイヤサラダがあり、もちろん、いただきました!グルメだ!
    食後、1時間ほど仮眠しました。
    ここの仮眠所は、お金はとられなかったけど、ベッドマットだけで、毛布なしでした。
    起きてから、クロワッサン2個をコーヒーにつけて食べ(フランスの朝食スタイル)、
    出発しました。

    ずっと天候に恵まれた今回のブルベでしたが、最後の最後で降られました。
    雨は1時間ほどで止みましたが、結構、濡れました。


(20)SAINT-QUENTIN-EN-YVELINES ゴール 1230km 8/20 10:14
    ゴールについたときの、観戦している人たちの歓声が物凄かったです。
    なんだか感動して涙が出そうになりました。

    ゴール後、朝食を配布してもらって、パスタとカップケーキをいただきました。
    おいしかったです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る