So-net無料ブログ作成

2013年8月15日 マッターホルン登頂 [山登り]

マッターホルン登頂

昨年のモンブラン登頂に引き続き、マッターホルンに登頂してきました。
ガイドは、昨年に引き続き、サッポロマウンテンタイムの石坂ガイドにお願いしました。

マッターホルンに登ろうと思ったのは、昨年、モンブランに行った際に、
モンブラン周辺をハイキングしていた時に、スイスの方に、三角の山が見えて、
何だろうと思って聞いてみると、マッターホルンということで、
登ってみようと思ったからです。

マッターホルンに登りたいとの希望を石坂ガイドに伝えると、
岩登りができないとだめだから、と、当初しぶい顔でした。

昨年9月以降、小樽の赤岩、北岳バットレス、北アルプス錫杖岳の
トレーニングを経て、今回の山行となりました。

今回の登頂、10日間の記録です。
イタリア側(リオン稜)から、マッターホルンに登頂しました。
今回登頂できたのは、事前準備のトレーニングを含め、
サッポロマンテンタイムの石坂さんのおかげです。

1日目 8/10(土)
 羽田国際空港で、もう一人の参加者 ケイコさんと集合場所で落ち合う。
 中国国際航空便にて、北京経由、ミラノへ。
 ミラノ空港で、石坂さんが出迎えてくれ、
 イタリア人ガイド ルカさんの別荘のあるモンヴィゾの麓の街、
 プランデルレへ。
 イタリアの食事(チーズと、ハム、サラミ、サラダ、パン)を楽しみました。
 サラダは、サラダ菜と、インゲン豆と、シーチキンと、トマトをオリーブオイルで
 あえただけのものですが、とてもおいしかったです。
 私も今度作ってみようとおもいました。

2日目 8/11(日)
 クライミング トレーニング
 登山靴にてクライミング、トレーニング。
 「日本人は登っていない岩」と言われつつ、山頂に着いて、登頂ノートを見ると、
 つい先日の7月30日に日本人2名のサインが・・。
 どこにでも、日本人はいるものだと思いました。
 
 この日も夜、おいしいイタリア料理を楽しみました。

3日目 8/12(月)
 高度順応 トレーニング
 マッターホルンに登るのに、モンテローザを高度順応に使うという
 贅沢なスケジュール。
 リフト、徒歩にて3,498m のモントーバ小屋へ。
 一つ上の山小屋近くの丘に登り、モンテローザの氷河と、山頂を眺めました。
 モンテローザは、モンテローザ山頂群と言われ、多くの山頂があるのですが、
 その様子がこの丘からはよくわかりました。

4日目 8/13(火)
 高所 トレーニング
 モンテローザのマルガリータ小屋を経て、ニフェティピーク4,554m へ。
 強風だが、天気はよかったです。
 登山後、アオスタのホテルへ。
 自然農法の農場が経営しているホテルで、レストランも併設。
 このレストラン、日本の恵比寿にも店舗を構えているそうで、
 日本のイタリア食の雑誌にも紹介されたそうです。
 ヤギのチーズ、ミルク、ハムを楽しみました。
 
5日目 8/14(水)
 完全レスト日、という予定でしたが、なぜかクラミングをすることに・・。
 近くの温泉プールに出かける予定でしたが、人気のせいか予約がとれなかった・・。
 水着も用意して、楽しみにしていたのに・・。

 この日も、昨夜に続き、アオスタのホテルで夕食。
 この日、一番おいしかったのは、
 子ヤギの肉。とても柔かく、ペロっと食べてしまいました。
 付け合わせのホウレンソウのソテーもおいしかったです。

6日目 8/15(木)
 カレル小屋へ

 この日、ホテルの朝食には、ホームメードクッキーが出ました。
 このクッキーは、私が子供の頃、家で焼いた味によく似ていて、
 とても、素朴で懐かしい味がしました。

 ホテルで朝食後、出発。

 朝、アオスタのホテルを引き払い、カレル小屋(3835m)へ
 登りは大好きなので、楽しく登れました。
 ちょっと、きついところ(ロープがある)は、「アスレチックだ!」
 と、モチベーションを高め、なんとか登りました。
 小屋についてからは、小屋の前のベンチで、近くの山と氷河を眺めて
 過ごしました。

7日目 8/16(金)
 カレル小屋~マッターホルン登頂~カレル小屋へ
 マッターホルンをリオン稜(イタリア)から登り、ヘルンリ稜(スイス)
 へ縦走する予定でしたが、リオン稜(イタリア)を往復しました。
 朝4:00、カレル小屋を出発し、正午ごろ、山頂到着。
 今回のガイド2人、参加者2人、全員登頂できました!
 天気にも恵まれ、楽しく登れました。が、下山は結構大変でした。
 夕方6時頃、カレル小屋は遠くに見えるのですが、なかなか着きません。
 結局、カレル小屋到着は夜11時。
 寝室は満員なので、リビングに寝室から持ってきたマットレスを敷いて、
 ケイコさんと一緒に寝ます。
 疲れていたせいか、わりと良く眠れました。

8日目 8/17(土)
 カレル小屋~チェルビニア~ミラノへ
 朝8:00頃起きて、朝食を食べ、8:30頃のゆっくり出発。
 ふもとの登山を開始したロッジで食事(昼食兼夕食)をとりながら、
 タクシーを待ちました。
 このロッジでは、「登頂おめでとうございます!」と言われうれしかったです。
 ガイドのルカが皆に登頂バッチを買ってくれました。

 この後、ミラノへ車で移動し、空港へ。
 ところが、ダブルブッキングで飛行機に乗れない事態発生!
 シェラトンホテルで、夕食、朝食を食べれたのでまあいいか・・。

9日目 8/18(日)
 11時前にホテルをチェックアウトし、空港へ。
 アイタリアナ航空の直行便で、14時過ぎ、ミラノを発ち成田へ。

10日目 8/19(月)
 朝、9時過ぎに、成田到着。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る