So-net無料ブログ作成
検索選択

2013年2月2日(土)の黒斑山(くろふやま) [山登り]

2013年2月2日(土)の黒斑山(くろふやま)

車坂峠(1973m)→トーミの頭→黒斑山(2414m)→車坂峠(標準タイム 3時間30分)

今年初めての雪山山行です。

旅行会社 クラブ○ーリズムの雪山ツアーに今年も参加しました。
ガイドさん1名、添乗員さん1名、参加者8名のコンパクトなツアーでした。

「白銀の浅間山を間近に浅間山外輪山・黒斑山」という歌い文句に
魅かれて参加しましたが、あいにく、浅間山は見えませんでした。
でも、それほど、コンディションがよかったわけではなかったですが、
登頂できてよかったです。

天気予報は、冬型は緩むものの、前線の通過に伴い、天気が荒れるとの予報でした。

しかし、雨にも、雪にも降られず、冬型特有の強い風にも当たらずに、
暖かい雪山となりました。

車坂峠(1973m)→トーミの頭→黒斑山(2414m)→車坂峠


11:20 登山口には、浅間山噴火への注意喚起の看板がありました。
    現在は、噴火レベル1で、登山はOKです。
    車坂峠(1973m)から登山開始。風が強いことが予想されたので、
    当初の予定の尾根筋の道ではなく、谷側の道から登り始めました。
    ところが、スノーシューの踏み跡が若干あるだけで、ラッセル状態。
    思ったよりも時間がかかりそうなことから、来た道を戻り、当初予定通り、
    尾根筋の道を行くことになりました。
    尾根道は、踏み固められており、歩きやすかったです。
    途中、平なところで、アイゼンをつけ、山頂に向かいます。
    雪は凍ってはいなかったので、アイゼンなしでも行けそうでしたが、
    アイゼンの練習になるということで、アイゼンで行きました。    
    途中、避難小屋がありましたが、これは、登山者が雨風をしのぐため、
    というわけではなく、浅間山が噴火した際に避難するための小屋だそうです。
    浅間山外輪山なので、浅間山の噴火口が見えました。ガケになっています。

13:30  山頂到着。皆で記念写真を撮る。曇っており、展望はなかったが、
    強風にもさらされず、暖かく、とても、ラッキーな冬山登山でした。

    下山開始。途中、スノーシューの集団に出会う。
    谷道から来たようなので、谷側の道を下ります。
    道は踏み固められていて歩きやすかったです。

14:30 高原ホテル到着。夏山の標準タイムくらいで到着。
   雪道は、踏み固められていれば、夏山よりもかえって歩きやすかったです。
   岩や、木の根っこが出ていないので。

    ホテルで温泉に入る。その後、ラウンジでこけももジュースを飲み、
   大きなガラス窓を通して、暖かな部屋の中から、広大な山々の景色を見ました。
   ずっと、遠くに、空に溶け込みそうに、白い富士山が見えました。

16:00 ホテルを出発。渋滞もなく、無事に新宿にバスで到着。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る