So-net無料ブログ作成
検索選択

2012年8月11日(土)から2012年8月19日(日)のモンブラン(4,810m)登頂 [山登り]

2012年8月11日(土)から2012年8月19日(日)のモンブラン(4,810m)登頂

以前、屋久島の宮之浦岳縦走登山でお世話になった、
サッポロマウンテンタイムの石坂博文ガイドにお願いして、
モンブランに登ってきました。無事、登頂できました。

今回の日程:
8/11(土)成田
8/12(日)アブダビ 経由でジュネーブ
      ジュネーブからシャモニーへシャトルバスで移動
8/13(月)時差ぼけ解消と高度順応のためハイキングへ
8/14(火)高度順応のため、エギュードミディの展望台から雪の上を歩く
8/15(水)モンブラン登山
      レズーシュよりロープウェー電車、徒歩にて、テートルース小屋へ。
8/16(木)モンブラン登山
     モンブラン山頂へ。テートルース小屋へ下山。
8/17(金)テートルース小屋から下山
     シャモニー到着後、ハイキング
8/18(土)シャモニーからジュネーブへシャトルバスで移動
     ジュネーブ からアブダビ経由で成田へ
8/19(日)成田 着

通常、モンブラン登山は、モンブラン登山電車終点Nid d'Aigle(ニ・デーグル)駅から、
登山を開始するのですが、Nid d'Aigle(ニ・デーグル)駅近くのトンネルが崩落してしまい、
不通となっていましたので、Nid d'Aigle(ニ・デーグル)駅の一つ手前の駅から登山開始しました。

テートルース小屋までは、一般的なトレッキングルートのように歩きやすい道です。
花が沢山咲いていました。

テートルース小屋は、通常、午前1時ごろに出発するそうですが、強風の天気予報のため、
午前4時半に出発となりました。おかげで、沢山眠れました。

午前4時半に出発し、岩ばかりのルートをグーテ小屋まで登ります。
途中、雪が降りました。雪の中の岩登りは、手が冷たくなりました。

グーテ小屋に着き、お茶を飲み、しばらく休憩しました。
グーテ小屋から先の雪原を歩くために、アイゼンとピッケルを用意し、
ヤッケを着ます。分厚い手袋も用意しました。
霧と雪のためか、皆出発を躊躇しています。
しかし、天気は回復するとの予想で、私たちは出発しました。
山頂近くまで、霧でした。
山頂近くに霧が晴れ、青空が広がりました。
山頂には、正午過ぎに到着しました。
この後、天気は安定し、晴れていました。
下山し、夕方6時ごろにテートルース小屋に着きました。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る